Audacityの使い方!歌ってみたでボーカル録音する場合の設定ポイント

  • Audacityの使い方
   ミックスダウン

Audacityの使い方をご紹介。歌ってみたのボーカル録音としてAudacityを利用している人が多いようなので、録音する前の設定ポイントをご紹介。

歌ってみたの録音はモノラルで!

私もたまに歌ってみたのミックスをしますが、頂くボーカル音源の半数以上がステレオ音源になっています。音源を送ってもらった人に聞いてみると、モノラルの意味が分からなかったり、モノラル録音の設定方法が分からなかったり。

一般的にボーカルの録音に限らずですが、モノラルのものはモノラル録音するのが常識です。

人間の耳は左と右があるのでステレオということになりますが、口には左や右がありません=モノラルなわけですから、モノラル設定で録音しましょう。

設定方法は簡単です!

Audacityでモノラル録音の設定方法

インプット選択の右側にあるプルダウンで「モノラル」入力チャンネルを選択すればOKです!これで設定完了。簡単なことなので、必ず確認してから歌ったみたの録音にチャレンジしましょう!

サンプリング周波数も確認しておく

ついでにサンプリング周波数の設定も確認しておきましょう!サンプリング周波数って???という人も、設定方法だけ覚えておけばOKです。サンプリング周波数については興味あれば別途調べれば良いと思います。

サンプリング周波数の設定

初回起動では44100という数字に設定されていますが、これを48000に設定しておきましょう。利用している機器が対応しているかなどの問題もあったりしますが、説明すると難しい話になっていくので、とりあえず48000を設定すると覚えておけば良いでしょう。

関連記事
歌ってみた!iPhoneだけでケロケロMIX!Auto-Tune iOSで遊んでみた!音程補正はさすがのAuto-Tune

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!