サンプリング素材、ループ素材の管理がとても簡単!Ableton Liveで使いたい素材に一発でアクセスできる「MUTANT Version3」

  • mutant
   素材

Ableton Liveで利用するサンプリング素材やループ素材。大量にあると、Ableton Liveで1つずつチェックして管理するのは大変です。無料ソフト「MUTANT Version3」で簡単に整理できるのでおすすめ!利用方法をご紹介します。

大量のサンプリング素材、ループ素材をどうやって管理してますか?

以前の記事でご紹介した「musicradar」のループ素材やサンプリングCDの素材など、大量のデータをAbleton Liveだけで管理しようとすると大変です。

musicradarの紹介記事
Ableton Live初心者は必見!musicradarで無料ループ素材を大量にダウンロード!なんと36ギガ!!

Ableton Liveのファイルブラウザー機能は素材を聴くことはできても、素材を管理するような機能はありません。

そこで、サンプリングCDでも有名なクリプトンが無料で配布している「MUTANT Version3」がおすすめです!

mutant(日本語サイト)
http://sonicwire.com/mutant

Windows版、Mac版がそれぞれ配布されております。

最高!MUTANTは素材管理に最適です

MUTANTは無料ソフトですがとても高機能です。

公式サイトに機能の紹介と、操作方法もしっかり記載されています。インストールしたらご参照ください。

mutant操作ガイド(日本語サイト)
http://sonicwire.com/mutant/guide

MUTANTがサンプリング素材やループ素材を管理する上で特に素晴らしい点が3つあります。

  1. ブックマーク機能
  2. ショートカットキーによる操作
  3. 連続再生0秒間隔に対応

この3つの機能を活用することで、大量にある素材も簡単な操作で、とても分かりやすく整理することができます。

MUTANT Version3の効率的な利用方法はこれだ!

私が実際に行っている効率的な管理方法をご紹介します。

  1. 「MYコンテンツ」に管理したいフォルダを追加した後、連続再生0秒間隔の設定で再生!
    mutantで連続再生0秒間隔
  2. 「お!」と思ったら、迷わずキーボードの「B」を押してブックマークフォルダの選択画面を表示させて「OK」ボタン。このタイミングではフォルダ分けはせず、とにかく全て「ブックマーク」フォルダへ追加していきます。ワンショットの短い素材はキーボードの「スペース」で再生・停止をコントロールできるので、「スペース」を押してから「B」を押します。
    mutantブックマークフォルダ選択表示
  3. ブックマークした素材をブックマーク画面で再度チェックします。このときは「スペース」を活用して1つずつ音をチェックします。このときにキーボードの「T」でタグを記入、キーボードの「M」でメモを記入します。ブックマークからは外したいと思ったら「Delete」を押せば削除できます。
  4. ブックマークした素材を全てチェックし、タグやメモの記入が完了したら、フォルダ分けをします。事前に自分が分かりやすいようなフォルダを作っておき、右側のリストからマウスのドラッグ&ドロップで左側のフォルダけ振り分けていきます。私は「ワンショット」「ループ」「作業中の曲」という大分類フォルダを作って、その下位層に音の種類で分類しています。
    mutantブックマークの素材のフォルダ振り分け

Ableton Liveで実際に活用するときは、MUTANTの各ブックマークフォルダをチェックして、利用したい素材のファイル名をコピーしておき、Ableton Liveのファイルブラウザ機能にある検索入力にファイル名をペーストして、GO!MUTANTからLiveのクリップへドラッグ&ドロップで配置することができるようになってます!Live9から?

一発で欲しい素材にアクセスすることができます!是非、お試しください!!

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!