Ableton Liveの64bit版と32bit版どちらを使うか!?CPUやメモリの使用率を測定して比較してみた!Abletonにも質問してみた!

  • Ableton Live9 起動ロゴ
   Ableton Live

Ableton Liveには64bit版と32bit版があります。Windows環境だと32bit版に比べて64bit版のほうが不安定に感じます。64bit版にすることで4GB以上のメモリを利用できますが、本当にそのメリットがあるのか!?検証してみました。

Ableton Live 64bit版と32bit版どちらを使うべきか?

Ableton Liveが64bit対応となり、パソコン搭載のメモリも4GB以上が一般的なので、64bit版を選択して利用されている方が多いと思います。

初心者の方だと、なんとなくイメージで32bit版より64bit版のほうが処理が早かったり、音質が良いのでは?なんて思っている方もいるのではないでしょうか?

Ableton Live9専用MIDIコントローラーPush

Ableton Liveのバージョンが9.1になったころ、Abletonサポートに質問をしたことがあります。回答は以下の通りです。

使用しているコンピュータのRAMが4GB以上でない限りLiveは32bitのご使用をお薦めします。
Live自体のCPUパフォーマンスは32bit、64bit共に同じです。

公式サイトでも下記のように64bit版について解説しているページがあります。

64-bit - Myths and Facts
https://www.ableton.com/ja/articles/64bit-myths-facts/

Abletonからの回答と同様に、メモリー不足にならない限り32bit版の利用を進め、処理性能や音質に違いは無いこと、メリットはあくまでメモリを多く扱えることだけ、と。

Abletonとしては32bit版を推奨している?では、メモリが多く扱える64bit版にメリットがあるのか検証してみました。

64bit版と32bit版の処理速度

先日の記事に記載した内容ですが、64bit版と32bit版におけるレンダリング(書き出し処理)の速度比較です。

Ableton Live9のレンダリング速度比較
Liveバージョン CPU OS ディスク 書き出し時間
Live9.1.1(64bit) G3220 Windows8.1 SSD840pro 21秒
Live9.1.1(32bit) G3220 Windows8.1 SSD840pro 25秒
Live9.1.2(64bit) i3-4130 Windows8.1 SSD840pro 20秒
Live9.1.2(32bit) i3-4130 Windows8.1 SSD840pro 20秒

Pentium Dual-Core G3220ではわずかに64bit版のほうが処理速度が速いですが、Core i3 4130では違いがありませんでした。高速なCPUになるほど、この差が少なくなると思います。

64bit版と32bit版のメモリ使用率

2台のパソコンに64bit版と32bit版のAbleton Liveを設定して、いろいろなLiveセットを読み込んで、CPUとメモリの使用率を調べてみました。

検証パソコンのスペック
ディスクトップ ラップトップ
CPU Intel Core i3 4130(3.4GHz) Intel Core i5 2450M(2.5GHz)
メモリ 8GB 4GB
ディスク SSD(128GB) HDD(500GB)
OS Windows8.1(64bit) Windows7(64bit)

Core i3 4130を搭載したディスクトップ端末ではハイパースレッティング(HT)を有効、無効にした検証もしてみました。

Core i3 4130ディスクトップ端末の検証

Liveバージョン HT CPU使用率 メモリ使用率 CPUロードメーター
LiveセットA Live9.1.2(64bit) 有効 3.2% 12.3% 21%
Live9.1.2(32bit) 有効 2.7% 8.8% 21%
Live9.1.2(64bit) 無効 6% 11.3% 19%
Live9.1.2(32bit) 無効 4.8% 6.5% 14%
LiveセットB Live9.1.2(64bit) 有効 15.3% 18.1% 25%
Live9.1.2(32bit) 有効 12.1% 14.1% 23%
Live9.1.2(64bit) 無効 23.1% 13.1% 20%
Live9.1.2(32bit) 無効 23.2% 11.7% 18%
LiveセットC Live9.1.2(64bit) 有効 34% 41.6% 51%
Live9.1.2(32bit) 有効 35.7% 39.6% 48%
Live9.1.2(64bit) 無効 46.1% 41.6% 51%
Live9.1.2(32bit) 無効 50.2% 36.7% 55%
Core i5 2450Mラップトップ端末の検証

Liveバージョン CPU使用率 メモリ使用率 CPUロードメーター
LiveセットD Live9.1.2(64bit) 11% 22.5%% 36%
Live9.1.2(32bit) 7% 14.7% 33%
LiveセットE Live9.1.2(64bit) 28% 24.2% 52%
Live9.1.2(32bit) 13% 15.6% 50%

極端な差はありませんが、全体的に見ると32bit版のほうがCPU使用率、メモリ使用率とも低い数値になっています。64bit版はメモリを多く使えるためか、メモリ使用率は高いことが分かりました。

CPU負荷が高いLiveセットだとCPUロードメーターは64bit版のほうが大きく振れて安定せず、32bit版に比べると挙動が不安定に感じました。

64bit版の問題点

32bitしか対応していないプラグインは利用できません。

jBridgeを使えば!!Windows7では使えていたjBridgeですが、Windows8.1ではプラグインを認識しなくなりました。原因不明です。jBridgeはWindows8対応となっていますが、Windows8.1というバージョンには未対応なのでしょうか???

Ableton Pushのワークフロー

また、64bit版だとビデオインポート機能がうまく動きません。

何度かこのブログでも取り上げているLive9の問題です。Abletonに技術サポートを受けたのですが、解決しません。Ableton側では64bit版でも正常にビデオインポートできているというので環境依存なのかもしれませんが、64bit版を利用する問題はここにもあります。

関連記事
Ableton Live8/Live9 Standardの32bit版と64bit版でビデオインポート機能に違いあり?!動画を制作するなら32bit版で!

32bit版という結論

検証して分かったことは、64bit版のメリットは???不明。メモリを多く使えるというのは分かりますが、メモリ使用率を見ると64bit版は効率が悪い印象を受けます。さらにCPU負荷も高い!?これは利用しているプラグインの影響かもしれないので、Liveに問題があるとは一概に言えませんが。

Ableton Live 32bit版9.0.2をインストール

ただ、検証でいろいろなLiveセットを使って感じたのは、32bit版のほうが安定している(CPUロードメーターが大きく振れず安定)ということ。

そして、Live9でインストゥルメントやエフェクトのプラグインを多用した場合、メモリ使用率が極端に上がることはなく、CPU使用率(CPUロードメーター)が大きく増加するだけであること。64bit版でも32bit版でも同じ傾向。

しばらく32bit版のAbleton Liveを使っていこうと思います。

※DTM環境に依存しますし、検証数値は環境依存がありますので、ご参考まで。

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!