Ableton Live 9.2登場!新機能をいろいろ試してみた!Pushの64パッドDrum Rackモードや新エフェクトTunerなどのレビュー

  • Ableton Live Beta
   Ableton Live

Ableton Liveのベータ版がバージョンアップし、9.2になりました!新しいエフェクトTunerが追加されたり、Pushの64パッドDrum Rackモードが追加されたり。他にも便利な機能が追加されており、試してみたのでご紹介。

Ableton Live 9.2 Beta

Ableton Liveのベータ版が9.2になりました!9.1ではデュアルディスプレイとレンダリングのマルチスレッド対応などがありましたが、9.2でも嬉しい機能アップがたくさんあったので、早速インストール!

関連記事
Ableton Live 9.1ベータ版を試してみた!デュアルディスプレイとレンダリング(書き出し)性能のレビュー

Ableton Live 9.2ベータ版インストール

Pushの機能も追加されているので、9.2ベータ版を起動するとPushのファームウェアアップデートも必要になります。Pushのファームウェアアップデート後9.1も使ってますが、今のところ問題はないです。

Ableton Pushファームウェアのアップデート

新オーディオエフェクト「Tuner」

Ableton Live 9.2で新しいオーディオエフェクト「Tuner」が追加されました。

表示モードが「Classic View」と「Histogram View」の2種類。「Classic View」はギターなどのチューニング用みたいなことでしょうか?

とりあえずボーカルトラックに挿して「Histogram View」を眺めてましたw

Ableton Liveの新エフェクトTuner

積極的に使うようなエフェクトではないと思いますが、皆さんどんな使い方をするのでしょうか?Tunerの延長でピッチ補正までできるエフェクトに進化したら嬉しいかな・・・

ワープ機能で便利なx-Bar Loop!

Ableton Liveの9.2で一番嬉しかった機能が、ワープ機能のコンテキストメニューに追加された「x-Bar Loop」(正式な機能名が分かりません・・・w)

Ableton Liveのx-Bar Loop機能

サンプル音源を2Barのループにしたい場合に、ワープ機能で終端を2Barに調整して最後にクロップしていたような作業を、終端だけ選んで「x-Bar Loop」を選択すれば2Barで自動調整されてクロップまで完了します。すごい時間短縮!かんたん便利!

テンポ検出やワープモードComplexの音質も改善されたようですが、使った感じ違いは分かりませんでした。Complexはよく使うので、改善されているなら嬉しいですが。

Pushの64パッドDrum Rackモード

9.2でPushにもたくさん便利な機能が追加されました!その中で一番大きな機能追加はDrum Rackで64パッド全てが使えるモードです。モード切替もNoteボタンだけなので、気軽に使えそうです。

今までのDrum Rackは左下の16パッドだけパッドをトリガーできました。64パッドのモードでは名前通りパッド全てトリガーできるようになります。Drum Rackの並び構成は下画像の順番(左下16パッド、左上16パッド、右下16パッド、右上16パッド)です。

PushのDrum Rack 64パッドモード

リボンコントローラー部分でDrum Rackを上下することもできます。4つずつ切り替わるのではなく、通常のDrum Rackのように1つずつスライドしていきます。上画像の表示状態からリボンコントローラーで2つ上に移動すると、下画像のような感じです。

Pushの64パッドDrum Rackモードでパッドを移動

使ってみた感じ、パフォーマンスする人向けという機能でしょうか?ただ、Drum RackではUserモードのようにパッドを任意の色でピカピカ光らせたりもできないので、パフォーマンス動画などはやっぱりUserモードがいいですよね。

制作のときもステップシーケンサーが便利ですし、16パッドあれば私は十分だったりします。機能としてはインパクトあったのですが、実際の利用用途がパッと浮かびませんでしたw

Pushでパラメータのデフォルト値設定

Pushの機能追加で一番嬉しく感じたのは、Deleteボタン+ノブをタッチするだけで、そのパラメータをデフォルト値にしてくれる機能。これは凄く便利!ただし、オートメーション書かれているものはデフォルト値にはなりません。

あと、機能のON/OFFのような数値じゃないパラメータも値は変化しませんでした。これはできるようになって欲しいな・・・

Pushでパラメータのデフォルト値が設定される

リボンコントローラーでピッチベンド

Pushのリボンコントローラーが、機能切り替えでモジュレーションとピッチベンドも使えるようになりました。ちょっと嬉しい機能です。PushのSelectボタン押しながらリボンコントローラーにタッチするとモードが切り替わります。

Pushのリボンコントローラーでピッチベンド

他にも機能追加、改善がありますが、個人的に興味沸くものはありませんでした。アフタータッチのレスポンス改善や閾値が設定できるというのは、人によって嬉しいかもしれませんね。

関連記事
Ableton Pushのレビュー!Live9でPushを2か月使ってみた感想やLaunchpadやAPC20との比較などなど【前編】

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!