Ableton Pushのユーザモードでパフォーマンス!MIDIエフェクトを活用してパッドを光らせよう!Chord&Velocity編

  • Ableton Pushのユーザモードでパフォーマンス
   Ableton Live

Ableton Pushのユーザモードを活用することでパッドをカラフルに光らせることができます。Ableton Pushのパフォーマンス動画などで見かけるアレです。今回は基本的な設定方法とChord&Velocityを使って出来ることをご紹介。

Ableton Pushでパフォーマンス

Ableton Pushのパフォーマンス動画でよく見るパッドを任意の形に光らせたり、任意の方向に動かしたり。自分でパッドプレイ遊びするときに設定しておくと楽しいですよ!

覚えてしまえば、ユーザモードの設定はそれほど難しくなく、慣れてしまえば、好きなようにパッドを光らせることもできます。

Ableton PushとLaunchpadの違い

Launchpadでも同じようにパッドを光らせるパフォーマンス動画があり、Launchpadの場合はNovation公式動画としてユーザモードの設定が解説されています。しかし、Ableton Pushで同じ設定をしても、同じようなパッドの光り方はしません。

Drum Rackを利用してユーザモードを使った場合、LaunchpadはDrum Rack通りの配置で使えますが、Ableton PushではDrum Rack通りの配置とはいきません。MIDIノートナンバー(音名)の配置が違うのです。

Ableton PushとLaunchpadのDrum Rackの違い

Launchpadの解説動画の前半(縦に4つサンプル配置)と同じようにAbleton Pushのユーザモードでパッドを押す場合は、Drum Rackの設定はこんな感じに。

Ableton Pushで使うDrum Rackの配置設定

Ableton Pushのユーザモードを使う

まずは、Ableton Liveの環境設定を確認します。Ableton Pushは接続するだけでAbleton Liveで認識されますが、デフォルトだと環境設定のMIDI Ports設定トラックとリモートが「オフ」になっていると思います。Ableton Pushのトラックとリモートが「オン」になっているか確認しましょう!

Ableton Pushの環境設定を確認

MIDIトラックを2つ用意し、片方にはDrum Rackを挿してサンプルを配置します。入出力セクションでDrum Rackを挿していないMIDIトラックのMIDI FromをDrum Rackに、MIDI ToをAbleton Pushに設定します。

Ableton Pushのユーザーモードを利用するための入出力セクション設定

これで設定は完了です。Ableton PushのUserボタンを押してユーザモードにし、パッドを押してみましょう!押したパッドが光ればOKです!

Ableton Pushのユーザモードにする

MIDIエフェクト「Chord」を活用する!

MIDIエフェクト「Chord」を活用することで、1つのパッドを押した際に、任意の形にパッドを光らせることができます。パッドを光らせる基本技といった感じです。Chordエフェクトを挿すのはDrum Rackを挿していない方のトラックです。間違えないようにしましょう!

押したボタンの左側や下側を光らせたい場合はマイナス数値、右側や上側を光らせたい場合はプラス数値を設定します。

Chordエフェクトは最大6つの設定ができるので、押したパッド+6つのパッドの合計7パッドを光らせることができます。もちろんChordエフェクトを2つ、3つと増やせば、光らせるパッド数を増やすこともできます!

パッドを横方向に光らせる

Ableton Pushをユーザモードで横方向に光らせる

押したパッド+左側パッド3つを光らせたい場合

Ableton Pushのユーザモードで左横を光らせたいChordエフェクト設定

押したパッド+右側パッド3つを光らせたい場合

Ableton Pushのユーザモードで右横を光らせたいChordエフェクト設定

パッドを縦方向に光らせる

Ableton Pushをユーザモードで縦方向に光らせる

押したパッド+上側パッド3つを光らせたい場合

Ableton Pushのユーザモードで上方向を光らせたいChordエフェクト設定

Launchpadは4の倍数を設定しますが、Ableton Pushでは8の倍数を設定します。下側を光らせる場合は、同じ8の倍数でマイナス数値を設定します。

パッドを斜めに光らせる

Ableton Pushをユーザモードで左斜め上方向に光らせる

押したパッド+左斜め上パッド3つを光らせたい場合

Ableton Pushのユーザモードで左斜め上側を光らせたいChordエフェクト設定

7の倍数を設定します。左斜め下を光らせる場合は、同じ7の倍数でマイナス数値を設定します。

Ableton Pushをユーザモードで右斜め上方向に光らせる

押したパッド+右斜め上パッド3つを光らせたい場合

Ableton Pushのユーザモードで右斜め上側を光らせたいChordエフェクト設定

9の倍数を設定します。右斜め下を光らせる場合は、同じ9の倍数でマイナス数値を設定します。

パッドを任意の形に光らせる

あとは、応用的なものです。

押したパッドを囲むように5方向を光らせたい場合

Ableton Pushをユーザモードで5方向に光らせる

Ableton Pushのユーザモードで5方向を光らせたいChordエフェクト設定

押したパッドの上下斜め4方向を光らせたい場合

Ableton Pushをユーザモードで上下斜め4方向に光らせる

Ableton Pushのユーザモードで上下斜め4方向を光らせたいChordエフェクト設定

押したパッドの上下左右4方向を光らせたい場合

Ableton Pushをユーザモードで十字キーのように4方向に光らせる

Ableton Pushのユーザモードで上下左右4方向を光らせたいChordエフェクト設定

例えば、-2、+16、+2、-16というような設定にすれば、押したパッドの上下左右から2つ目のパッドだけを光らせることができます。応用していけば自由自在にパッドを光らせることができます!

MIDIエフェクト「Velocity」を活用する!

Chordエフェクトを使ってパッドを光らせることができました!しかし、押したパッドは一定のカラーでは光らず、パッドを押すたびにいろいろなカラーで光っていると思います。

パッドを叩いて気が付いた方もいると思いますが、カラーはパッドを叩く強さ(ベロシティ)によって変化しているのです。

Chordエフェクトの後ろにVelocityエフェクトを挿します。

Ableton PushのユーザモードでVelocityエフェクト設定

Mode「Fixed」に設定し、「Out Hi」「Out Low」のパラメータを変更することで、パッドを任意のカラーに光らせることができます。

Launchpadは3色カラーでしたが、Ableton Pushでは16128色(?)設定することができます。Launchpadに比べて圧倒的にカラフルなパフォーマンスができますね!

次回はPitch、Note Length、Arpeggiatorの活用についてご紹介します。

関連記事
Ableton Pushのユーザモードでパフォーマンス!MIDIエフェクトを活用してパッドを光らせよう!Arpeggiator&Note length編

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!