Ableton Pushのレビュー!Live9でPushを2か月使ってみた感想やLaunchpadやAPC20との比較などなど【後編】

  • Ableton Push
   Ableton Live

Ableton PushをLive9で使って2か月。前回はAbleton Pushの不満な点を中心にレビューしました。今回はLaunchpadやAPC20など他の機材との比較やAbleton Pushと併用することにしたMIDIコントローラーについてご紹介。

LaunchpadやAPC20との比較

比較と書きましたが、Ableton PushとLaunchpadやAPC20では、全く比較になりません。

LaunchpadやAPC20で出来ることはAbleton Pushでもほぼ全てできますが、LaunchpadやAPC20のように操作することはAbleton Pushにとってメイン機能ではありません。

LaunchpadやAPC20はパフォーマンス向けのMIDIコントローラーという感じですが、Ableton Pushは制作向きのMIDIコントローラーだと思います。

もちろんAbleton Pushでパフォーマンスをすることもできます!しかし、Ableton Pushを持ち運ぶとなるとLaunchpadのような気軽さがありません。

Ableton Pushは自宅で制作用に、Launchpadは自宅外で遊ぶ用に、APC20は出番なし。Ableton PushとLaunchpadはUSBバスパワーで動作しますが、APC20はアダプタが必須です。Ableton Pushが自宅で制作用メインになってしまうとAPC20の役目がありません。

Ableton PushとAPC20を並べて使ってみましたが、パッドのサイズが違い過ぎて使い難いです。

MIDIキーボードやパッドコントローラーは不要

Ableton Pushに慣れてしまうとMIDIキーボードやパッドコントローラーの出番もありません。

Ableton Pushのスケール機能は本当に素晴らしいと思います。鍵盤を弾いて入力するより圧倒的に速くて確実です。ただし、61鍵以上のMIDIキーボードを利用されていて5オクターブ以上を必要とするような場合は、MIDIキーボードの出番です!

パッドコントローラーはMPCのような4×4の製品にこだわりがなければ、Ableton Pushのパッドは十分なサイズと感度がありますので、出番はないでしょう。

Ableton Push+nanoKONTROL2

前回の記事でも書いたように、Ableton Pushにもできないことがいろいろあります。

そんなできないことを補うために、nanoKONTROL2をAbleton Pushと併用して使っています。

KORG nanoKONTROL2をAbleton Pushと併用

Ableton Pushはアレンジメントビューの操作が苦手!?

nanoKONTROL2を併用している理由は大きく3つあります。

1つ目は、前回の記事でも書いた選択コントロールセクションが使い難いこと。トラック選択、ミュート、ソロなどはnanoKONTROL2で操作したほうが、とても快適です。

2つ目は、トランスポートの操作について。

Ableton PushのRECボタン、クリップの録音ボタンをトリガすることしかできず、グローバルにあるアレンジメント録音ボタンをトリガすることができないのです。

Ableton PushのRECボタンがアレンジメント録音ボタンをトリガできない

アレンジメントビューで録音してミックスダウンすることが多いので、アレンジメント録音ボタンが操作できないというのは致命的です。これをnanoKONTROL2で操作しています。

トランスポートの操作としてもう一つ。Ableton Pushには停止ボタンがありません。再生中に再生ボタンを押すことで停止になります。

Ableton Liveでは停止ボタンを2回連続で押すと1.1.1にマーカーを戻すことができますが、Ableton Pushでは停止ボタンが無いので、Shift+再生ボタンの同時押しが必要になります。使い難いです。これもnanoKONTROL2で操作しています。

Ableton Pushのトランスポートセクション

3つ目は、アレンジメントビューでマーカー操作が一切できないこと。Ableton Pushではマーカー移動やロケータ設置などができません。アレンジメントビューで制作している方なら分かると思いますが、これもできないとかなり不便です。nanoKONTROL2はAbleton Liveのマーカー操作を独立したボタンで操作できるので、非常に快適です。

Ableton Pushはアレンジメントビューの操作には向いていないので、nanoKONTROL2でこれを補っているという感じです。

nanoKONTROL2以外であれば、NovationのZero SLMk2がAbleton Pushの併用に良さそうかなと思いました。外部プラグインはSpeed dialを活用したり、Ableton Pushには無いクロスフェーダーもあります。

関連記事
Ableton Pushのレビュー!Live9でPushを2か月使ってみた感想やLaunchpadやAPC20との比較などなど【前編】

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!