Ableton Liveでハース効果を利用したTips

  • Ableton Liveでハース効果を利用したTips
   Ableton Live

Ableton Liveでハース効果を利用したTipsの紹介です。海外のサイトで紹介されていたTipsで独特な雰囲気を出すことができるので設定方法をメモとして記載しておきます。

Ableton Liveでハース効果の設定

Ableton Liveでハース効果の設定

まずは、ハース効果を適用する対象トラックをコピーします。対象トラックを選択後、ショートカットキー[Ctrl]+[D]で簡単にトラックを複製できます。

ハース効果を適用するトラックを複製する

トラックのパンを左右最大のR50とL50に設定します。

ハース効果を適用するトラックのパンを最大に設定する

画面右側にあるパネルの表示/非表示ボタンの[D]をオンにしてトラックディレイパネルを表示します。

トラックディレイパネル表示ボタンをオンにする

片方のトラックにディレイを設定します。私は20ms~35msぐらいで調整してます。

ディレイを設定する

音はディレイを設定していない方向から聴こえますが、パンを最大に設定しただけとは全く違う雰囲気になります。適用する音源によっても違いはありますが、音の存在感が増したり、広がりが増したり、いろいろです。設定も簡単なので覚えておくと使えるTipsだと思います。

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!