簡単に楽曲のキーとスケールを調べる!耳コピせずにEQとAudio to MIDIを活用してみる!

  • Ableton LiveのAudio to MIDIを活用
   Ableton Live

ボーカルのケロケロ設定、マッシュアップ作成、曲アレンジなど、楽曲のキーやスケールを知りたい!ということは多々あります。基本は耳コピですが、Ableton Live9の新機能Audio to MIDIとEQを活用して簡易的にキーやスケールを調べることができます。

楽曲のキーとスケールを調べたい!

「歌ってみた」のMIXをするときやマッシュアップ作成のときなど、楽曲のキーやスケールを知りたいけど、譜面がない、耳コピも面倒なんてことが多々ありまして。

耳コピせずにAbleton Live9の新機能Audio to MIDIとEQを活用して楽曲のキーとスケールを簡単に調べたりしています。その方法のご紹介です。

簡易的な方法なので、このやり方で完璧に楽曲のキーとスケールを知ることができるわけではありませんので、その点を踏まえてお試しください!

ベースの音を抽出してAudio to MIDIを利用

やり方は、ベースの音をEQやAuto Filterなどを利用して抽出し、Audio to MIDIで変換してキーやスケールを調べます。ベースの音が抽出しやすいというだけで、メロディがあればどんな音でもかまいません。

【STEP1】対象の音源をクリップへ配置

Ableton Live9クリップへ音源を配置

今回はセッションビューを利用していますが、アレンジメントビューのトラックへ配置してもOKです。

【STEP2】抽出するポイントを指定

Ableton Liveワープ機能でポイント指定

楽曲の全てを変換対象にしてもいいのですが、ベースがよく聴こえる、もしくは特徴的に聴こえる箇所をワープ機能で絞ることで、キーやスケールを調べるときに効率的です。

【STEP3】EQまたはAuto Filterでベース音を抽出

Ableton LiveのEQでベース音を抽出

音源をモノラルにしたほうが抽出のときは聴きやすいと思うので、モノラル化するためにEQの前にUtilityのMono.advを入れてあります。

今回はEQ Eightを利用しましたが、Auto Filterのローパスフィルタを利用してもOKです。

Ableton LiveのAuto Filterでベース音を抽出

【STEP4】メロディを新規MIDIトラックに変換

Ableton Liveのメロディを新規MIDIトラックに変換

変換が完了すると、トラック2にMIDI変換されたクリップが追加されます。

Ableton LiveのAudio to MIDI変換でMIDIクリップが追加

【STEP5】MIDI化されたベースラインからキーとスケールを調べる

Ableton LiveのAudio to MIDIで変換されたベースライン

MIDIクリップのノートを拡大して利用されている音からキーとスケールを調べる!という感じです。

簡易的にキーとスケールを調べるには

メジャースケールかマイナースケールかの判断は、明るい印象の曲なら「メジャー」、暗い印象の曲なら「マイナー」と決め付けていますw

今回調べた曲は明るい印象なので、メジャーかな?という感じです。藤巻メソッドでも同じように言っていましたので、あながち間違いではないかと。

あとはMIDIクリップのノートを見て、#がついている音をチェックすれば、キーとスケールはだいたい決まります。今回はA#のみ。

#や♭の増え方には決まりがあり、今回のようなメジャーであれば、#ならF(ファ)→C(ド)→G(ソ)となりますし、♭ならB(シ)→E(ミ)→A(ラ)となります。

ということで、A#(B♭)のみは、Fメジャー!

この方法に慣れると、2~3分ぐらいでキーとスケールを知ることができるので、非常に便利です!

ただし、簡易的なやり方なので確実ではありません。しっかりとした音楽知識をお持ちの方からすれば、「何言ってるんだ!?」的な感じだと思いますしw

私が利用している限り8割程度は調べることができています。とにかく簡単なので、ご興味あればお試しください。

メジャースケールのキー

メジャースケールのキー

マイナースケールのキー

マイナースケールのキー

関連記事
楽曲のキーを自動判定できる無料DJ用ソフト「Rapid Evolution」を使ってみた!かなりスゴイです!

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!