Audio DamageのBasicを無料でGET!レゾナンスとフィルターでご機嫌な音がでました!

  • Audio Damage Basic
   VST

Audio DamageのBasicが無料でもらえるキャンペーンをSpliceというサービスで展開しています。Audio DamageのBasicをもらうことができたので使ってみました!オススメな音源なので、是非GETしてみてください!

Audio DamageのBasicがもらえるキャンペーン

Audio Damage Basic

SpliceというサービスでAudio DamageのBasicが無料でもらえるキャンペーンを行っております。期間限定だと思いますが、キャンペーン期間はどこにも明記されておりません・・・気になる方は早めにGETしておいたほうが良いと思います!

Audio DamageのAudio Damageをもらうには2人にSpliceのサービスを紹介し登録してもらうことです。方法はMeloDealerさんで分かりやすく解説されてます。

MeloDealer
Spliceにて友人2人を招待すると通常 “39ドル” のソフトシンセ『Basic』が無料でもらえるキャンペーン実施中

Audio Damage Basicの音については下記サイトのレビューで聴くことができます!

やっとモーターのコイルがあったまってきたところだぜ
友人2人を招待すると無料(通常39ドル)でもらえるソフトシンセAudioDamage『Basic』をレビューするぞ

ちなみにSpliceというサービスへの登録は必要になりますが、Spliceのソフトをインストールしたりサービスを使わなくてもAudio Damage Basicは使うことができます!私もSpliceは一切使っておりませんw

プリセットが47個

OSCが3つありパラメータも多いので、こだわった音作りをすることもできるソフトシンセだと思いますが、プリセットの音色がかなり良いので、プリセット選んで少しツマミ触ってみるだけでも楽しいです!

Audio Damage Basicにはプリセットが47個あります。Audio Damage Basicの画面上にはプリセットの選択項目はありませんので、Ableton Liveならデバイスビューのプリセット選択で設定することができます。

Audio Damage Basicのプリセット選択

レゾナンスとフィルターだけで楽しい

プリセットを選んで、Audio Damage Basicのレゾナンスとフィルター+DIRTあたりを操作するだけで、かなりご機嫌な音が出てきます。フィルターの効き具合がとてもステキです。

Audio Damage Basicの主要パラメータ

Ableton LiveのInstrument RackでFILTER1、Resonance1をMacro設定してツマミをグリグリしてるだけで、かなり激しい音にもなります。

Audio Damage BasicをAbleton Liveで設定

レゾナンスとフィルター動かしただけで、かなりの存在感がでます。楽しいですw

Audio Damage Basicのレゾナンスとフィルターを操作

ベース用の音源として、どんどん使っていきたい!と思う音源でした。無料でもらえてラッキーですw是非GETしてみてください。

関連記事
8bit音源のまとめ|Ableton Liveでチップチューンを作るときに使う音源と購入してみたい8bit音源のメモ

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!