ミキサーとUSBオーディオインターフェースの機能を備えた!ALLEN&HEATHのZED-10を導入!レビュー☆その3 – AmpliTube3導入

  • ZED-10レビュー
   VST

ALLEN&HEATHのZED-10を導入しました。高品質なミキサーとUSBオーディオインターフェースを備えた機材です。今回はZED-10のレビュー3回目、付属ソフト「AmpliTube 3」の機能追加チケットを使ってみました。

ZED-10の付属ソフトはDAWじゃない!

◇以前の記事◇
ミキサーとUSBオーディオインターフェースの機能を備えた!ALLEN&HEATHのZED-10を導入!レビュー☆その2

USBオーディオインターフェースのパッケージには付属ソフトとして、ほとんどDAWが同梱されています。しかし、既にDAWを所有している側からすれば、DAWを付属しない安価なパッケージをラインナップして欲しいと感じます。

ZED-10の付属ソフトは?DAWじゃないんです!付属は「AmpliTube 3」機能追加チケット(50Gear)です。ここもZED-10のステキなところです。

2013/5/14で「AmpliTube 3」追加チケットのサービスは終了したようです。
詳細は公式サイトのニュース記事にてご確認ください。
http://www.korg.co.jp/News/2013/0514/

「AmpliTube 3」は有料ソフトですが、「AmpliTube 3 Free」という無料版でも、この機能追加チケットを使って拡張することができます!

今回は「AmpliTube 3 Free」の導入について。

「AmpliTube 3 Free」は最初から24種類の機材が無料で利用できます。拡張を考えなくてもインストールするだけで楽しいと思います!「AmpliTube 3 Free」に含まれている機材だけのプリセットも用意されています。

AmpliTube 3 Free プリセット

「AmpliTube 3 FREE」をインストール!

「AmpliTube 3 FREE」は無料版ですがライセンス認証が必要となりますので、まずはIK Multimediaにユーザ登録が必要です。

IK Multimediaユーザ登録(日本語サイト)
https://www.ikmultimedia.com/newuser/

画面右側の「新規ユーザー」の項目を記入して、スライド送信を行いましょう。名前などは適当でも問題ありません。

IK Multimediaユーザ登録画面

入力したメールアドレスに認証確認のメールが送信されてきます。メールに記載されたURLをクリックするとユーザ登録が完了になります。完了画面から「AmpliTube 3 FREE」をダウンロードできます。

AmpliTubeダウンロード画面

「AmpliTube 3 FREE」のインストールは3段階で、「AmpliTube 3 FREE」「IK Multimedia Authorization Manager」「Custom Shop」になりますが、すべて必要なのでインストールしておきましょう。

すべてのインストールが完了したら「Authorization Manager」を起動して、認証処理を行います。

IK Multimedia認証画面1

認証処理を進めていくと、シリアルナンバーの入力画面になります。ここでZED-10に付属していた「AmpliTube 3」の用紙に記載されている認証コードを入力しましょう!

IK Multimedia認証画面2

認証が完了したら「Custom Shop」を起動してみましょう!画面左上のメッセージに「50 credits」となっているはずです。

AmpliTube Custom Shop

「AmpliTube Custom Shop」で機材をチェック!

「Custom Shop」の機材は一番安いもので5creditsからなので、50creditsあれば最大10個まで機材を追加することができます。

「Custom Shop」のすべての機材には「TRY」というボタンが用意されており、72時間の制限付きで機材をチェックすることができます!

音や使いやすさをTRY機能で試してから、本当に欲しいものを購入できる仕組みはスゴくいいですね!

AmpliTube Custom Shop2

1つぐらい機材を購入しようかと思っていましたが、時間あるときにTRY機能でしっかり確認してから購入しようと思います。購入したものは随時レビューしていきます。

◇関連記事◇
Ableton LiveへリバーブのVSTプラグイン「CSR Plate Reverb」を導入した理由とレビュー!ALLEN&HEATHのZED-10を導入レビュー☆その4 - T-Racks導入

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!