Ableton Live初心者にこの1冊!Ableton LiveのTips満載です!書籍「トラックメイキングの基本スキル」のレビュー

  • トラックメイキングの基本スキル
   DTM関連

Ableton Live9の日本語書籍は「MASTER OF Live9」だけでしたが、Live9初心者には良書とも言える1冊が発売されました!書籍タイトルや表紙からは汲み取れませんが、内容はLive9のTips満載な書籍「トラックメイキングの基本スキル」のご紹介。

トラックメイキングの基本スキル

偶然見つけた書籍トラックメイキングの基本スキル、中を見たらビックリです!完全にAbleton Live9ユーザ向けの書籍です。

この書籍を執筆された方々、全員がAbleton Liveユーザであり、全員がトラックメーカー。Live9の機能解説は少なく実際に曲作り(トラックメイク)のTipsが満載の1冊です。

Ableton Live9初心者が書籍が欲しい!と思ったら「MASTER OF Live9」ではなく、この「トラックメイキングの基本スキル」がオススメだと思います。

トラックメイキングの基本スキル表紙

見慣れたAbleton Live9画面を参考に!

DTM関連の書籍や雑誌でLive9の画面が掲載されているものは、ほとんど無かったと思います。

曲作りのTipsとして掲載されている画面はProToolsやCubaseなどが主。パラメータ値は参考になりますが、やはり見慣れているLive9の画面だったらいいなと思いますよね!?

トラックメイキングの基本スキルは執筆者がAbleton Live9ユーザばかりですから、参考画面はLive9!見慣れた画面で解説されているので、そのまま真似して打ち込んだり、エフェクト使ったり、非常に分かりやすい!

参考画像も非常に多く、1ページに必ず3枚程度の画像イメージがあるので、真似しやすい内容になっています。

トラックメイキングの基本スキルに掲載のLive9画面

Ableton Live9の制作された音を参考に!

良書と思える特徴の1つとして、メディアを付属させず、ネットでの視聴(ダウンロード)という方式。

トラックメイキングの基本スキルではメディアは付属せず、参考音源をSoundCloudで公開しています。メディア付属となれば書籍価格も上がってしまいますが、ネット配信になっているところが素晴らしい!

トラックメイキングの基本スキルのサンプルはSoundCloudで視聴

視聴できるサンプル数が71個!多い!!各解説の音作りがどのようなものか、各章の制作で完成したトラックも視聴できるので、Live9の画面だけでなくLive9の音で確認ができます。

同じパラメータを設定しても利用するEQやコンプによって当然音は違いますから、やはりLive9で制作された音を参考にできるというのは、非常に嬉しいですね。

ジャンルが幅広い!

トラックメイキングの基本スキルは6章に分かれています。

トラックメイキングの基本スキルの内容
目次
第1章 DTMの基本知識
第2章 ヒップホップトラックの制作
第3章 ダブステップトラックの制作
第4章 テクノトラックの制作
第5章 EDM/エレクトロハウストラックの制作
第6章 テックハウストラックの制作

幅広いジャンルが取り上げられていて、今まで自分では作ったことのないジャンルのトラックメイキングにも挑戦してみよう!という意欲が湧いてきます。

第6章だけはCubaseでの解説になっていますが、他の章は全てAbleton Live9で解説されています。

各章にはジャンルを代表する楽曲がピックアップされていますので、聴かないジャンルでもピックアップされた楽曲を聴いてからチャレンジすると制作意欲が高まりますよ。

トラックメイキングの基本スキルで紹介されているジャンル別の代表楽曲

tofubeatsさんのインタビューも見応えアリ!

第1章の前にtofubeatsさんのインタビューが掲載されています。かなりフレンドリーな感じの記事になっており、読みやすくなっているのも良かったのですが、tofubeatsさんが制作された「Dont’t Stop The Music」のLive9画面イメージが一部掲載されているのが面白い!

世に出ている楽曲のDAW画面イメージが掲載されているのは非常に珍しいのではないでしょうか?画面イメージを見ながらDont’t Stop The Musicを聴いてみる、という楽しみ方もできました。

ネット交流やプロモーションなどについてコメントもあり、楽しく読み応えある内容になっています。

第2弾に期待したい書籍

ここまで絶賛のような内容で書いてきましたが、良書だと思うものの、物足りなさは感じます。

140ページ程度の書籍に5つのジャンルのトラックメイキングを紹介しているわけなので、浅く広くという印象はあります。

それでも、ジャンル王道のコード進行やBPMがさらっと書かれていたり、EQで〇〇Hzを〇dBで、Simple DeleyのTimeを〇〇msで、Panでステレオ感を付ける方法などなど、具体的にLive9の画面でどのように設定するのかTipsが満載です。

「基本スキル」の次ステップにいける第2弾を是非!発売して欲しいと感じる書籍です。

関連記事
書籍「DAWで曲を作る時にプロが実際に行っていること」レビュー!今までには無かった感じの内容ですね

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!