Synology × Chromecast × Fire TV Stick × Fireタブレット

  • chromecast
   レビュー

SynologyのNASとChromecast、Fire TV Stickの連携について。ミラーリングやSynologyのアプリをインストールした使ってみたレビュー。追記:SynologyとFireタブレットの連携について。

SynologyのNASにアクセスする端末

SynologyのNASに保管しているビデオやオーディオをリビングのTVで再生したいとき、PS3にBDリモートコントローラで操作をしています。

ただ、PS3は設置場所もとるので、もっとコンパクトにしたい!起動を早くしたい!再生までの操作短縮などなど。そんな流れてChromecastとFire TV Stickを試してみました。

ChromecastとFire TV Stick

chromecastやFire TV Stickの製品レビューはいろいろなサイトで書かれているので、特に書きません。感想程度に。

・初期設定や動作、速度などに違いを感じない。

・各機種の標準機能で純粋にストリーミングを楽しむ程度であれば、どちらでも良い。プライム会員ならFire TV Stickかな。

・Chromecastはスリープが無い。ずっと電源ONは気になる(故障率が高そう)

・Fire TV StickのHOME画面から見たいプライムビデオを探すのが大変。PCでウォッチリストに追加しておいてFire TV Stickではウォッチリストから再生とか一工夫必要。

・Fire TV Stickのリモコンはコンパクトで使いやすい。

Synology × Chromecast

chromecast2

SynologyのアプリDS movieとDS audioではChromecastへのストリーミング再生に対応している。特別な設定は不要で、アプリのミラーリング用のボタンをタップすれば、自動的にChromecastが表示され選択できる。

DS audioでのオーディオ再生は問題ない。リスト再生やフォルダごとの再生ができるので、使いかっても良い。

DS movieのビデオ再生が問題。YoutubeアプリなどでChromecastへのストリーミング再生は全く問題なかったのに、DS movieのビデオ再生では音声が途切れてしまい、実用的ではない。

Synology × Fire TV Stick

fire tv stick

SynologyのアプリはFire OS対応版がリリースされていない。しかし、各アプリとも最新のapkファイルがSynologyダウンロードセンターで配布されており、Fire TV Stickへインストールすることはできる。

iOSアプリと同様、DS fileでファイル操作、ビデオやオーディオ再生できることが理想的だったが、DS fileを含めDS movie、DS audio、DS photoなど全てなんらかの問題があり、実用的ではない。

【DS file】

・ビデオやオーディオを選択すると、別のビデオ再生ソフトを選択するメニューが表示され、直接再生はできない。また再生ソフトの選択において、DS movieやDS audioは選択できない。

・致命的なのは、ファイル再生状態で戻るボタンを押すと、ファイル選択画面ではなく、必ずログイン画面に遷移してログインが必要になる。

【DS movie】

・画面解像度を正しく認識できないのか、画面が縦に潰れてしまい、まともな表示ができない。

【DS audio】

・動作的には一番まともだが、リスト再生ができず、1曲ずつ再生することしかできない。

【DS photo】

・ログイン画面のパスワード入力ができない=ログインができない。

Fireタブレッドが届いたら、Synologyのアプリをインストールしようと思っていたが、この状況では期待できない・・・残念過ぎる。

結局、Synology × PS3

Fire TV StickではESエクスプローラーという無料アプリが万能でDS fileのような操作は可能になったが、このアプリでビデオ再生をしたところ画質が悪い。

PS3のアップコンバート機能がとても優秀なことが分かる。PS3のビデオ再生画質に慣れてしまったら、他のアプリを使ったとしてもFire TV Stickでのビデオ再生は不満になるだけか。

価格帯が違うので比較してはいけないが、PS3+BDリモコンで操作していたユーザからすると、ChromecastやFire TV StickはPS3より起動が速い以外、優れていると感じる点は全くない。ChromecastやFire TV Stickの粗ばかりが気になってしまう。

ただし、PS3ではブラウザ機能を使ってもAmazonプライムビデオは再生できないので、純粋にプライムビデオを利用するならFire TV Stick。

結局、PS3がChromecastやFire TV Stickに置き換わることはなく、PS3を継続利用中。気が向いたらApple TVを試してみます。

Synology × Fireタブレット

ようやくFireタブレットが届いたので、SynologyのNASとの連携についてレビューを追記しておきます。

Fireタブレット

Fire TV Stickでは全滅だったSynologyのアプリですが、Fireタブレットでは全てが問題なく動作しました!DS fileが完璧に動作するので、FireタブレットからNASのデータを快適に操作することができます。画像もビデオもオーディオも別のアプリを起動させることなく、全てDS fileで完結します。

Fireタブレットへの各アプリのインストールはとても簡単です。

FireタブレットのブラウザでSynologyのダウンロードセンターへアクセスします。

Synologyダウンロードセンター
https://www.synology.com/ja-jp/support/download/

タイプとモデルは任意のものを選択し、「Android アプリ」のタブを選択します。各アプリの最新版apkがダウンロードできるので、必要なものをクリック。ダウンロードが完了したら、Fireタブレット上で対象ファイルを選択すればインストールが開始されます。

Fireタブレットは非常にコストパフォーマンス高いと思います。PDFなどを見るときに解像度が気にならないわけではありませんが、十分読めます。プライム会員の人は4980円なら買って損はしない端末になると思います。

バッファローなど他メーカーのNAS連携がどれだけ快適かは分かりませんが、Synology × Fireタブレットはかなり良いです。Fireタブレットを持っていて、NAS検討されている方にはSynology製品オススメできます。

関連記事
Synology DS115jレビュー!NASの選び方やバッファローLinkStationとの使用感比較など

Live9を中心にDTM関連の情報をツイートしています
リプライもお気軽にどうぞ!