Ableton LiveでクリップにMIDIノートを音階としてマッピングし、トランスポーズをコントロールする!

  • Ableton LiveのクリップにMIDIマッピング
   Ableton Live

Ableton Liveの便利なMIDIマップアサインモードの活用方法をご紹介!単一クリップに複数のMIDIノートを音階として割り当てることで、トランスポーズをコントロールすることができます。クリップのLaunch Modeの設定も変更することで、とても楽しめます!

Ableton Live The Ultimate Guideを買ってみた!解説動画21本、チュートリアルの素材やLiveセット、オリジナルのMax for Liveデバイスなどダウンロードできます!

  • Ableton LIVE The ultimate guide
   DTM関連

Computer Musicから発売されているLive9用の電子書籍「Ableton Live The Ultimate Guide」を買ってみました!購入後に解説動画やチュートリアルの素材、Liveセットなどをダウンロードすることができます。書籍のレビューです。

Ableton Liveでフリーズの後に利用できるフラット化!CPU負荷を減らす目的の機能ではありません!フラット化はMIDIトラックで活用!

  • Ableton Live9フラット化
   Ableton Live

Ableton Liveでフリーズを行ったトラックは「フラット化」を行うことができます!Live初心者のころ、フラット化はフリーズより更にCPU負荷を減らすことができる機能だと勘違いしていましたwフラット化はMIDIトラックで活用するための機能です!

Ableton Liveでフリーズ機能を活用する!バウンス(書き出し)しなくても快適に曲作り!Live9でフリーズして、どの程度CPU負荷を減らすことができるのか!?

  • Ableton Liveのフリーズとフラット化
   Ableton Live

Ableton Liveにはフリーズ機能があります!このフリーズ機能を活用することで、バウンス(書き出し)を行わなくてもパソコンのCPU負荷を軽減させることができます!今回はフリーズのやり方と実際にどの程度CPU負荷が軽減されるのか?その効果をご紹介します。